一般社団法人クリエイターエコノミー協会

クリエイターエコノミー協会は、クリエイターエコノミーの普及・促進とその活性化に向けた様々なアクションを実施していきます。

一般社団法人クリエイターエコノミー協会

クリエイターエコノミー協会は、クリエイターエコノミーの普及・促進とその活性化に向けた様々なアクションを実施していきます。

マガジン

最近の記事

固定された記事

BASE、note、UUUMなど7社でクリエイターエコノミー協会の設立発表会を行いました

BASE株式会社、note株式会社、UUUM株式会社など、クリエイターエコノミーを推進・支援する7社は、7月8日にクリエイターエコノミー協会(以下、本協会)の設立を発表しました。 「クリエイターエコノミー」とは個人の情報発信やアクションによって形成される経済圏を指します。 本協会では新しい産業である「クリエイターエコノミー」の普及・促進とその活性化に向けて、(1)クリエイティブ活動の普及・促進、(2)クリエイターの保護、(3)クリエイターの活躍を促進するための政策提言を図

スキ
74
  • クリエイターエコノミーの現在地【10/6(木)20時】 #クリエイターフェス

    クリエイターが自由に発信して収入を得ることで形成される経済圏、クリエイターエコノミー。ここ数年で急激な成長を続けており、総市場規模は世界で10兆円を超え、フルタイム以上の収入を得ているクリエイターも多くいます。 このトークセッションでは、経済ジャーナリストの後藤達也さんと、アル代表取締役のけんすうさんをお招きし、「クリエイターエコノミーの現在地」を探っていきます。実際に有料メディアを運営するクリエイターの視点から、有料コンテンツのあり方や、コンテンツ需要の傾向、個人発信と大

    スキ
    70
    • 文化庁が、インターネット上の海賊版による著作権侵害の相談窓口を開設しました

      2022年8月30日に文化庁で、インターネット上の海賊版による著作権侵害の相談窓口が開設されました。 相談窓口では、著作権者の方から主にインターネット上の海賊版による著作権侵害に関する相談を受け付けており、専門知識を持った弁護士による無料相談を受けることができます。 被害を受けられた際には、ぜひこちらの相談窓口もご活用ください。 【インターネット上の海賊版による著作権侵害対策情報ポータルサイト】 【相談窓口】

      スキ
      1
      • 「所得税基本通達の制定について」(法令解釈通達)の一部改正(案)(雑所得の例示等)に対する意見を提出しました

        クリエイターエコノミー協会は、2022年8月31日に「所得税基本通達の制定について」(法令解釈通達)の一部改正(案)(雑所得の例示等)に対する意見公募手続に対して、意見を提出しました。 改正案では、事業所得と業務に係る雑所得の判定について、「その所得を得るための活動が、社会通念上事業と称するに至る程度で行っているかどうかで判定すること」とし、具体的には  その所得がその者の主たる所得でなく、かつ、その所得に係る収入金額が300万円を超えない場合 には、特に反証がない限り

        スキ
        3

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • イベント
        一般社団法人クリエイターエコノミー協会
      • お知らせ
        一般社団法人クリエイターエコノミー協会
      • クリエイターエコノミー
        一般社団法人クリエイターエコノミー協会

      記事

      記事をすべて見る すべて見る

        【掲載情報】「@DIME」でクリエイターエコノミー協会が紹介されました

        小学館の「@DIME」に、当協会の紹介と事務局長・淺井のコメントが掲載されました。 日本のクリエイターエコノミーの現状や、協会の発足背景、現在の取り組みについてご紹介いただいています。 ◆@DIME 収益モデルは?法的整備は?盛り上がる「クリエイターエコノミー」の現状と課題(2022.08.22) ぜひご覧ください。

        【レポート】プロバイダ責任制限法改正に関する勉強会

        2022年10月1日にプロバイダ責任制限法(特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)が改正されます。 これまで誹謗中傷などをした発信者を特定するためには、2回の裁判手続きが必要とされていたところ、1回の裁判手続きで行うことも可能になります。 これによって、発信者の特定の手続きが迅速になり、また、手続きにかかる弁護士費用も下がることで、誹謗中傷などに悩むクリエイターが救済されやすくなるとともに、誹謗中傷などが放置されず、きちんと手続きがとら

        スキ
        4
      • 【参加費無料】ネットでサービスが売れるMOSH、「クリエイターのためのSNS誹謗中傷対策セミナー」をレイ法律相談事務所、TOMARIGIと共催

        MOSH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:籔 和弥)は、 2022年8月4日(木)20時より、ZoomにてSNSで活動を行うクリエイター向けの「SNS誹謗中傷対策セミナー」をレイ法律事務所代表・佐藤大和弁護士、TOMARIGI・関口舞氏と共同開催することをお知らせいたします。 お申し込みはコチラから:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfbBIY2OunXNVluhZKChcjZb2jaPnVxtliMKR07H85

        スキ
        1
      • 【まとめ】クリエイターエコノミーを盛り上げる、話題のプラットフォーム7選

        このnoteでは、クリエイターがマネタイズできる7つのプラットフォームを紹介しています。 ⬇︎ 主要SNSのマネタイズ機能に関する記事はこちら ⬇︎ ① Twitch ▶︎ Twitchとは? Amazonが提供するゲーム実況プラットフォーム。 ゲーム配信に加え、Eスポーツ大会、ゲーム関連のトークショーなども開催。また最近では、音楽配信プラットフォームとしても成長中。 PCやモバイルアプリ、PS4、Fire TV Stickなど様々なデバイスで配信が可能です。   ▼

        スキ
        3
      • メタバースとは何か?なぜ注目されるか?今後の行く末と挑戦について考察

        1. メタバースとは何か?1.1. メタバースの起源 拡張現実・仮想アバター・永遠の存在…「メタバース」というワードを聞くと、神秘的で近未来的な世界が思い浮かびます。 30年前のSF小説『スノウ・クラッシュ』は、現実世界と平行している仮想空間ーメタバース(Metaverse)を描き出しました。その仮想空間の中で、主人公は本人とよく似たアバターを使い、自らの王国を築くことができました。 そして30年後の今は、小説のストーリーで登場してきた架空のメタバースは、ついに現実味を

        スキ
        8
      • アーティストとNFTとWeb3.0、ってか2.5。

        今回は「音楽アーティスト × NFT × Web3.0 × ブロックチェーン」をテーマとして、音楽・エンタメ業界向けに同行・考えをまとめてみようと思います。とはいえ、2021年に入ってから本格的に勉強しだしたペーペーですので、誤った部分や、理解が甘い部分もあると思います。間違っている点やアドバイスがあれば是非、優しくご指摘ください🙏 クリプト業界の方にとっては、音楽業界&代理店出身者の目線ではこう見えてんだな!っという参考になると嬉しいです。気になってくださった方、お気軽に

        スキ
        136
      • 【 エンタメ ファンテック カオスマップ 2022】を作ってみた。

        こんにちは。THECOO広報のかおりです。 前回の記事『 【 エンタメ業界 ファンテック カオスマップ 】を作ってみた。 』から約2年が経ち、カオスマップをリニューアルいたしました。 今回は、コロナ禍という特殊な状況で大きく変化したファンテック、エンタメ業界のプラットフォームを分類してみました。 カオスマップのダウンロードURL : https://news.thecoo.co.jp/wp-content/uploads/2022/01/2022-.jpg ■ファンテ

        スキ
        3
      • Web3.0解体新書 ~幕を開けるインターネットの新時代~

         IT業界に身を置く人は、ここ数ヶ月でこのような話題を耳にする機会が急増したのではないだろうか。LINE で Product Manager を担う私もその一人である。  この note では、一部の界隈を賑わせている Web3.0 とは一体何なのか?を紐解くために、Web1.0 から現代までの流れ、ブロックチェーンやスマートコントラクトによって生まれた、暗号資産、DeFi、NFT、DAOなどの概念を解説する。  なお、この note に記載される多くの内容は、引用する記

        スキ
        408
      • 徳力さんの国内クリエイターエコノミーカオスマップ作りを応援してみる※リンク85件

        ソーシャルメディアに詳しい徳力さんが、国内カオスマップをつくっておられて、ちょうどわたしもラジオで配信してたところに、足りないところがあれば教えてとありましたので、参加してみることにします。 個人でもすぐに開設できる(審査があっても簡単審査程度)もので、月額登録利用料など固定費がかからない(アップルなど一部かかるものもありますが)、誰でもすぐにはじめられるものを集めています。他にも何かご要望あれば私にDMしてくださればと思います。 音声配信SpotifyやTikTokに音

        スキ
        15
      • SNSで「稼ぐ」ためのヒントとは?

        column vol.679 私の周りにはクリエイターが多く、コロナ禍でYouTubeやnoteなど、さまざまなクリエイティブプラットフォームに挑戦する人がいたのですが、コロナの落ち着きが進むにつれて、何となく…トーンダウンしているように感じます…。 そして、今日もまた一人。 人気YouTuberを目指して2年前から活動していた学生時代の仲間ですが、アカウントを久しぶりにのぞきにいったら、もうしばらく動画が更新されていない状態…。 ヤメる理由はポジティブなものもあると

        スキ
        148
      • 生活費を充分に稼げているクリエイターはわずか1%!? 今後のクリエイターに必要なツールCapcut・Spliceを紹介【海外Hot Info】vol.30

        今回はクリエイターエコノミーが抱えている課題とその対策方法について、Mr.モリスギこと株式会社トラストバンクの森杉育生さんにお話を伺いました。 ―――世界各国の先進的な取り組みから、旬で“GROWTH”につながりそうな企業・サービスをご紹介する「海外Hot Info」。10年以上デジタルマーケティングに携わってきたGROWTH LABの三石所長が、その知見をもとに海外のデジタルマーケティングのトレンドについて切り込みます。 今までの記事はこちらのマガジンからどうぞ! ❚

        スキ
        13
      • 【保存版】クリエイター必見!pixivFANBOX中の人に聞く、支援サービスの使い方

        クリエイターエコノミーと呼ばれる、個人が創作物によって収益を得られる経済圏が拡大しています。 クリエイター個人がネット経由でお金を稼ぐ方法が多様化していく中で、その知見を発信する当メディア「クリエイターエコノミーラボ」が今回お話を聞いたのは、クリエイター支援サービス「pixivFANBOX」の中の人・坂本寛さん(ピクシブ株式会社)です。 坂本さんは、これまで数多くのクリエイターさんをサポートしてきた経験から、FANBOXに限らず、さまざまなクリエイター支援サービスの使い方

        スキ
        68