マガジンのカバー画像

お知らせ

24
運営しているクリエイター

記事一覧

【掲載情報】当協会が発表した国内クリエイターエコノミーに関する調査結果について、各メディアで紹介されました

本発表について、各種メディアで紹介いただきました。 CreatorZineBusiness Insider JapanMusicman 繊研新聞 国内のクリエイターエコノミー市場規模は1兆3000億円規模 クリエイターエコノミー協会調査(2022年10月18日紙面) Impress WatchMedia InnovationINTERNET Watch Strainer

スキ
5

日本初!国内クリエイターエコノミー調査結果を発表

一般社団法人クリエイターエコノミー協会は、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社と共同で、国内のクリエイターエコノミーに関する調査を実施しました。結果を一部抜粋してお届けします。 調査結果ダイジェスト国内クリエイターエコノミーの市場規模は1兆3,574億円。世界の推計規模の約1割に相当 多様なプラットフォーム・収益化手法の登場、働き方の選択肢の拡大など複合的な要因が市場の拡大に寄与し、コロナ禍でその流れが加速 「コンテンツ」ではなく、クリエイター「個人」に対する”

スキ
80

フリーランスに係る取引適正化のための法制度の方向性に対する意見を提出しました

クリエイターエコノミー協会は、2022年9月26日に「フリーランスに係る取引適正化のための法制度の方向性に対する意見公募手続」に対して、意見を提出しました。 新法の方向性では、 ①事業者がフリーランスに業務を委託する際に、業務委託の内容や報酬額等を書いた書面の交付またはメール等の送付をすること ②事業者がフリーランスへの継続的な業務委託を解約する場合には原則、事前予告をすること ③事業者が不特定多数に対して業務を受託するフリーランスを募集する際に正確な情報等を提供すること

スキ
5

帳簿を保存しておけば、300万円以下の収入でも原則、事業所得になります

2022年8月に、国税庁から、300万円以下の収入金額の副業は、反証がなければ、雑所得として扱うという通達案が出されました。 これに対し、当協会を含め、7000件超の意見が出された結果、 帳簿を保存しておけば、収入金額が300万円以下であっても、原則として、事業所得に区分されることになりました(「所得税基本通達の制定について」(法令解釈通達)の一部改正(案)(雑所得の例示等)に対する意見公募の結果について )。 記帳や帳簿の保存については、確定申告が必要な場合(なお、副業収

スキ
5

文化庁が、インターネット上の海賊版による著作権侵害の相談窓口を開設しました

2022年8月30日に文化庁で、インターネット上の海賊版による著作権侵害の相談窓口が開設されました。 相談窓口では、著作権者の方から主にインターネット上の海賊版による著作権侵害に関する相談を受け付けており、専門知識を持った弁護士による無料相談を受けることができます。 被害を受けられた際には、ぜひこちらの相談窓口もご活用ください。 【インターネット上の海賊版による著作権侵害対策情報ポータルサイト】 【相談窓口】

スキ
1

「所得税基本通達の制定について」(法令解釈通達)の一部改正(案)(雑所得の例示等)に対する意見を提出しました

クリエイターエコノミー協会は、2022年8月31日に「所得税基本通達の制定について」(法令解釈通達)の一部改正(案)(雑所得の例示等)に対する意見公募手続に対して、意見を提出しました。 改正案では、事業所得と業務に係る雑所得の判定について、「その所得を得るための活動が、社会通念上事業と称するに至る程度で行っているかどうかで判定すること」とし、具体的には  その所得がその者の主たる所得でなく、かつ、その所得に係る収入金額が300万円を超えない場合 には、特に反証がない限り

スキ
3

【掲載情報】「@DIME」でクリエイターエコノミー協会が紹介されました

小学館の「@DIME」に、当協会の紹介と事務局長・淺井のコメントが掲載されました。 日本のクリエイターエコノミーの現状や、協会の発足背景、現在の取り組みについてご紹介いただいています。 ◆@DIME 収益モデルは?法的整備は?盛り上がる「クリエイターエコノミー」の現状と課題(2022.08.22) ぜひご覧ください。

【掲載情報】「月刊コピライト」7月号に事務局長・淺井が寄稿しました

2022年7月1日発刊の、著作権専門情報誌「月刊コピライト」7月号に、事務局長・淺井が寄稿しました。 クリエイターエコノミーの今後の発展や、協会の活動について紹介しています。 ぜひご覧ください。 COPYRIGHT ESSAY クリエイターの未来のために・淺井健人

スキ
5

【掲載情報】「DIAMOND SIGNAL」にイベントレポートが掲載されました

6月10日の「DIAMOND SIGNAL」に、OffTopic宮武さんをスピーカーにお迎えした、クリエイターエコノミー協会主催のイベントレポートが掲載されました。 テクノロジーの進化から、クリエイターエコノミーの歴史について解説しています。 ぜひご覧ください。 Off Topic宮武氏に聞く、クリエイターエコノミーで活躍する個人とプラットフォームとの関係性の進化 ビリオネア目前のクリエイターも出現──米国「クリエイターエコノミー」最新事例

スキ
3

骨太の方針 2022、「クリエーターの創作活動の支援」を明記

一般社団法人クリエイターエコノミー協会(以下、当協会)は、2022年6月7日に政府が閣議決定した、経済財政運営と改革の基本方針 2022(通称:骨太の方針)に、「クリエーターの創作活動の支援」が盛り込まれたことをお知らせします。 当協会では、クリエイターが活動しやすい社会環境をつくり、その自由かつ安全な活動を促進するため、政策共創プラットフォーム「PoliPoli」を運営する、株式会社PoliPoliとともに、議員勉強会などを通じ、関係各所との意見交換を重ねてまいりました。

スキ
24

第1回取引デジタルプラットフォーム官民協議会に出席しました

一般社団法人クリエイターエコノミー協会は、消費者庁が開催する「取引デジタルプラットフォーム官民協議会」の構成員に就任しました。 本日2022年6月2日(木)に、第1回取引デジタルプラットフォーム官民協議会に参加し、DPFの健全性を保つための紛争解決に向けた施策や、官民協議会の枠組みで検討すべき課題について説明を行いました。 第1回 概要 日時:2022年6月2日 14:00~16:00 議題: 1.開会挨拶 2.官民協議会の運営方法等について 3.事務局及び構成員による御報

スキ
1

【アーカイブ公開中】クリエイターエコノミー勉強会 〜インフルエンサーの現在地/課題と可能性〜

こちらのイベントは終了しました。ご覧いただいた皆さま、ありがとうございました。 ▽アーカイブ動画は下記よりご視聴いただけます。 現在は誰もがコンテンツや商品を作り、発表・販売が当たり前という、すべての人がクリエイターとなりうる時代になりました。 本セミナーでは、そうしたクリエイターエコノミーをリードする有識者や事業者をお呼びして、クリエイターエコノミーとは何か、の基礎情報から、国内外での動向や、企業がクリエイターエコノミーに取り組むうえでの課題や法整備の状況など、各回さまざ

スキ
15

【外部登壇】6月30日(木)|12:30~13:30コンテンツ東京 特別講演|クリエイターエコノミー時代の到来

2022年6月29日(水)~7月1日(金)に開催される、コンテンツ東京 2022に、当協会理事社からUUUM株式会社の市川と、note株式会社の徳力が登壇します。 無料でご参加いただけますので、ぜひお申込み下さい。 ※ご参加には、招待券のお申込み(無料)が必要です。 コンテンツ東京 2022 特別講演 概要 クリエイターエコノミーの成長展望 ~今後の課題と広がる可能性~ ■ 日時 2022年06月30日(木)12:30~13:30 ■ 会場 東京ビッグサイト ■

スキ
5

クリエイターエコノミー協会、一般社団法人化のお知らせ。監事に、骨董通り法律事務所の福井 健策が就任

クリエイターエコノミー協会は、このたび2022年3月30日の定時会員総会における決議を経て、一般社団法人化し、一般社団法人クリエイターエコノミー協会として活動を開始しましたので、お知らせします。 また、法人化に伴い、骨董通り法律事務所 代表パートナー・弁護士の福井 健策を監事として迎えました。 本協会は昨年の設立より、クリエイターの活動を支援するさまざまな企業に入会いただき、直近では、MOSH株式会社、ピクシブ株式会社が入会。会員数は56社(2022年4月1日現在)にのぼ

スキ
11