骨太の方針 2022、「クリエーターの創作活動の支援」を明記
見出し画像

骨太の方針 2022、「クリエーターの創作活動の支援」を明記

一般社団法人クリエイターエコノミー協会

一般社団法人クリエイターエコノミー協会(以下、当協会)は、2022年6月7日に政府が閣議決定した、経済財政運営と改革の基本方針 2022(通称:骨太の方針)に、「クリエーターの創作活動の支援」が盛り込まれたことをお知らせします。

当協会では、クリエイターが活動しやすい社会環境をつくり、その自由かつ安全な活動を促進するため、政策共創プラットフォーム「PoliPoli」を運営する、株式会社PoliPoliとともに、議員勉強会などを通じ、関係各所との意見交換を重ねてまいりました。

今回の閣議決定をうけ、当協会では、政府や関係各所との連携を強化しながら、クリエイターが活動しやすい環境の整備や支援を続けてまいります。

以下抜粋

(文化芸術・スポーツの振興)
ソフトパワーを含む我が国が誇る文化芸術資源の持続可能な活用を通じた経済・地域活性化を促進するため、統括団体等を通じた文化芸術団体・関係者の活動支援、文化芸術教育や子供の文化芸術鑑賞・体験機会の確保、クリエーターの創作活動の支援、国立文化施設や博物館の機能強化や日本博 2.0 等の「WABI」の取組79を推進しつつ、インセンティブを付与した寄附を始めとする民間資金や文化DX80の一層の活用等により、文化財等の保存と活用の好循環や日本の文化芸術・コンテンツの魅力の国内外への発信、グローバル展開及び地方展開の着実な支援・収益基盤の強化を推進する。これらを通じ、アート市場活性化を含め文化芸術の成長産業化81を図る。これらも含めた次期文化芸術推進基本計画を本年度内に策定し、政府一体となって推進する。メディア芸術ナショナルセンターに関する構想に基づき、必要な検討を行う。

出典:経済財政運営と改革の基本方針2022(P19)

政府が閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針 2022」については、以下よりご覧いただけます。

経済財政運営と改革の基本方針2022



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
一般社団法人クリエイターエコノミー協会
クリエイターエコノミー協会は、クリエイターエコノミーの普及・促進とその活性化に向けた様々なアクションを実施していきます。