マガジンのカバー画像

クリエイターエコノミー

35
クリエイターエコノミーに関する記事を集めたマガジンです。
運営しているクリエイター

#クリエイターエコノミー

アーティストとNFTとWeb3.0、ってか2.5。

今回は「音楽アーティスト × NFT × Web3.0 × ブロックチェーン」をテーマとして、音楽・エ…

【 エンタメ ファンテック カオスマップ 2022】を作ってみた。

こんにちは。THECOO広報のかおりです。 前回の記事『 【 エンタメ業界 ファンテック カオスマ…

Fanimedia
6か月前

徳力さんの国内クリエイターエコノミーカオスマップ作りを応援してみる※リンク85件

ソーシャルメディアに詳しい徳力さんが、国内カオスマップをつくっておられて、ちょうどわたし…

カグア!
5か月前

生活費を充分に稼げているクリエイターはわずか1%!? 今後のクリエイターに必要なツ…

今回はクリエイターエコノミーが抱えている課題とその対策方法について、Mr.モリスギこと株式…

【保存版】クリエイター必見!pixivFANBOX中の人に聞く、支援サービス利用…

クリエイターエコノミーと呼ばれる、個人が創作物によって収益を得られる経済圏が拡大していま…

19万人登録VTuber音霊魂子さん ASMR配信で人気獲得、支援者限定の1対1通話が好評 「…

クリエイターエコノミーと呼ばれる、個人が創作で収益を得られる経済圏が、あらゆるクリエイテ…

【もえたん】“元祖“萌え絵師、パトロン250人の支援受け、新たなヒット目指す

クリエイターエコノミーと呼ばれる、個人が創作で収益を得られる経済圏が、あらゆるクリエイティブの領域で拡大しています。 そんな中、さまざまなジャンルのクリエイターに事例をインタビューしている当メディアが今回お話を聞いたのは、『萌える英単語 もえたん』のイラストを担当したことで知られるイラストレーター・POPさんです。 『もえたん』は、その名の通り、萌えるイラストで英単語が学べる英語学習書であり、2003年12月に発売されると2ヶ月で10万部を超え、シリーズ累計で40万部発行

スキ
20

「配信が生きる希望に」VTuber活動で脱生活保護 ファンの“投げ銭”と月額支援が支え…

「クリエイターエコノミー」という言葉が盛り上がっています。これは、個人が創作でお金を得ら…

YouTubeで超話題!ゲーム開発兄弟・Chilla’s Art 2年で20作以上リリース、パトロン3…

個人が創作で収益を得られる「クリエイターエコノミー」と呼ばれる経済圏が、あらゆるクリエイ…

クリエイターエコノミーを乗りこなす学生ライターはなぜ成功できたのか?佐々木チワワ…

大学生ながらクリエイターエコノミーの流れに乗り、自分の名前で仕事をするライター・佐々木チ…

「noteの収入で家族4人暮らす」新世代作家・岸田奈美を支えるのは、一家の幸せ願うフ…

2020年9月に初のエッセイ集『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』を出版し…

「10年前は銀行口座を晒していた」月額制ファンコミュニティで生活する漫画家は、ファ…

漫画家でありながら、趣味である豪快な料理のブログなど、ジャンル問わずさまざまなコンテンツ…

Web3.0と日本。世界で勝つためのクリエイターエコノミーの提唱

2021年は、数年前からCryptoにベットしてきた僕にとって激動の1年であり、本格的にWeb3.0が展…

クリエイターエコノミーの中産階級の構築

アメリカン・ドリームは存在するが、現実はどうなのか? * この記事は著者の了承を得た上で翻訳したものです。 オリジナル記事はこちらです: Building the Middle Class of the Creator Economy 著者: Li Jin 翻訳者: 渡辺圭祐 [読者の皆さん、こんにちは。この記事は本日『Harvard Business Review』に掲載されました。楽しんでいただけると幸いです。また、以下のコメントであなたのご意見をお聞かせください。

スキ
39